つくるべあトップ

函館市

ガトー・ルーレ

2016/03/03 Update

この会社の求人を見る

ウマイをつくる人キラリ!注目ポイントウワサの看板スタッフギャラリー

この会社へのお問い合わせ

ウマイをつくる人キラリ!注目ポイントウワサの看板スタッフギャラリー

この会社へのお問い合わせ

商品開発20年分のノウハウを凝縮!

オーナーシェフの大久保さんは、かつて油脂メーカーの研究部門に所属し、自社商品を使った料理レシピの開発に携わっていました。その後、他の食品メーカーや流通業からの依頼を受けるべく独立し、食品開発のコンサルティング会社『ヌーヴェルガトー』を設立。大手コンビニチェーンを始め、食に関わるさまざまな企業からの要望に対して、原料・素材をゼロから集めてオリジナルレシピを考案するという仕事を20年にわたって展開してきました。大久保さんが築き上げた食材調達のネットワークは世界各地に広がっており、そのノウハウを生かしてスタートしたのがガトー・ルーレです。素材や原料を徹底的に吟味し、研究を重ねた製法でつくられるロールケーキは唯一無二のおいしさを放っています。

pnt_gateauroule_ph_2

ガトー・ルーレ

創業 2012年
所在地 北海道函館市宮前町25-8(宮前店)
従業員数 4名
拠点

函館空港店、駅前店(2016年春オープン)

主要商品ラインナップ

ガトー・ルーレ(プレーン)、ショコラ・ルーレ、マッチャ・ルーレ、ホワイト・ルーレ、渋皮マロン・ルーレ 他季節商品多数。

pnt_gateauroule_ph_3

シゴトとヒトの話

菓子づくりの醍醐味は

新しい味を自分でつくること。

オーナーシェフ 大久保直樹さん

pnt_gateauroule_ph_4

菓子づくりの世界に華やかなイメージを持っている人は多いと思います。洗練されたな装飾や可愛らしいデコレーションを施すパティシエの姿に、自分もやってみたい!と憧れる気持ちも分かります。ただ、菓子づくりの過程で華やかな作業はほんの一部であり、大半は地道な作業の積み重ね。他の料理と比べても手間ひまが掛かるので、働く時間も長くなりがちです。こんなことを言うと菓子づくりを否定してるように聞こえるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

私は菓子づくりの醍醐味が、新しい味の追求にこそあると考えています。「この食材を加えたらどんな味になるだろう?」「作業の順番を変えたら更においしくなるのでは?」そんな風に頭を悩ませ、必死で考えながら思い描く味へ近づけていく。手間ひまが掛かる食べ物だからこそ研究のしがいがあるんです。レシピを覚えるのではなく、レシピそのものを自分でつくる。それが菓子づくりの最大の魅力だと多くの人に知ってほしいですね。

pnt_gateauroule_ph_5

閉じる

企業間取引をお考えの方へ

当ウエブサイト掲載の企業とのお取引を株式会社 北海道アルバイト情報社がお手伝いいたします。
詳しくはこちらからお問い合わせください。